Menu X

次世代の育成
未来を信じて、ゴールを目指そう

日越 45 周年記念として初開催となりました「ベトナム日本国際ユースカップU-13」、おかげさまで多くの皆さまにご賛同・ご支援賜り、2018年、2019年、そして本年と、持続的な日越のスポーツ交流事業、両国の若者支援事業として実施できますこと、ここにあらためて御礼申し上げます。

本年は、子供たちの安全を第一優先とし、日本のU-13ジュニアチームの参加(訪越)を断念することとしました。が、実行委員会として、なんとか「サッカーを愛するベトナムの若者を応援する」ために、日越関連団体支援による第3回大会を計画。今般は、ベトナムにあるU-13のクラブ7チームに加え、川崎フロンターレが、在ベトナムのU-13世代を対象に選抜する「川崎フロンターレ・ドリームチーム」の計8チームの参加となります。

サッカーを愛するベトナムの多くの若者と、それを支える皆さまにとって意義ある大会になるよう全力を尽くす所存です。

実行委員会メンバ|
btc1

未来を信じて、ゴールを目指そう

About us

大会概要

  • 大会意義
    青少年の健全育成、国際交流・人材育成、多様な価値観・相互理解、日越サッカー事業の発展、日越相互サッカー観戦意欲促進
  • 開催地
    8 Hung Vuong, ビンズン新都市
  • 出場チーム
    ベカメックスビンズンFC、PVF、ビンディンFC、ビンフックFC、ホーチミンFC、ユベントスベトナム、ドンタップFC、川崎フロンターレドリームチームセレクション
  • 試合形式
    4 チームごとのグループステージを戦った後、順位決定トーナメント
  • 主催
    ベトナム日本 国際ユースカップU-13 実行委員会
実行委員会メンバ|
btc1

東南部にあるビンズン省は、人口密度高く、全国的にもさらなる経済発展が期待されるエリアです。スポーツにおいても、世界レベルのプレイヤーを輩出しています。特にサッカーにおいては、目覚ましい発展を遂げています。 べカメックスビンズンFCの前身はSong Beクラブ、現在は、株式会社べカメックスビンズンFCとして、ベトナムを代表するクラブ、世界へ飛踊できるクラブを目指しています。

img-1

ベカメックスビンズンFC

img-1



メインサポーター

サポーター

  • img4
  • img4
  • img4
  • img4
  • img4
  • img4
  • img4
  • img4
  • img4
  • img4
  • img4
  • img4
  • img4
  • img4
  • img4
  • img4

後援機関

  • 在ベトナム日本国大使館
  • ビンズン省人民委員会
  • ビンズン省文化スポーツ局
  • ベトナム日本商工会議所
  • ホーチミン日本商工会議所
  • ダナン日本商工会議所
  • ベトナムサッカー協会
  • (公財)日本サッカー協会
  • ビンズン省サッカー協会
  • (公社)日本プロサッカーリーグ
  • 【独)国際交流基金アジアセンター

次世代の育成
未来を信じて、ゴールを目指そう

日越 45 周年記念として初開催となりました「ベトナム日本国際ユースカップU-13」、おかげさまで多くの皆さまにご賛同・ご支援賜り、2018年、2019年、そして本年と、持続的な日越のスポーツ交流事業、両国の若者支援事業として実施できますこと、ここにあらためて御礼申し上げます。

本年は、子供たちの安全を第一優先とし、日本のU-13ジュニアチームの参加(訪越)を断念することとしました。が、実行委員会として、なんとか「サッカーを愛するベトナムの若者を応援する」ために、日越関連団体支援による第3回大会を計画。今般は、ベトナムにあるU-13のクラブ7チームに加え、川崎フロンターレが、在ベトナムのU-13世代を対象に選抜する「川崎フロンターレ・ドリームチーム」の計8チームの参加となります。

サッカーを愛するベトナムの多くの若者と、それを支える皆さまにとって意義ある大会になるよう全力を尽くす所存です。

PREMIUM
SUPPORTER

MAIN
SUPPORTER

後援機関

在ベトナム日本国大使館
ベトナム日本商工会議所
ベトナムサッカー協会
(公社) 日本プロサッカーリーグ
ビンズン省サッカー協会

ビンズン省人民委員会
ホーチミン日本商工会議所
(公財)日本サッカー協会
【独)国際交流基金アジアセンター
ビンズン省文化スポーツ局
ダナン日本商工会議所

出場チーム / Binh duong fc

Công Ty Đào Tạo Bóng Đá Trẻ Becamex Bình Dương được thành lập từ ngày 01 tháng 07 năm 2014. Hệ thống đào tạo trẻ của Bình Dương được tổ chức quy mô và có bài bản do sở VHTT kết hợp với sở Giáo Dục đưa bóng đá vào học đường. Có rất nhiều lứa tuổi được đào tạo từ các quận, huyện sau đó được kiểm tra sàng lọc và được tập trung vào trường năng khiếu TDTT Bình Dương để tiếp tục đào tạo.

大会概要

  • 大会意義
    青少年の健全育成、国際交流・人材育成、多様な価値観・相互理解、日越サッカー事業の発展、 日越相互サッカー観戦意欲促進
  • 開催地
    8 Hung Vuong,ビンズン新都市
  • 出場チーム
    ベカメックスビンズンFC、PVF、ビンディンFC、ビンフックFC、ホーチミンFC、ユベントスベトナム、ドンタップFC、川崎フロンターレドリームチームセレクション
  • 試合形式
    4 チームごとのグループステージを戦った後、順位決定トーナメント
  • 主催
    ベトナム日本国際ユースカップU-13 実行委員会

+-大会名誉顧問(駐ベトナム社会主義共和国日本国特命全権大使)

第3回「ベトナム日本国際ユースカップU-13」の開催、おめでとうございます。依然として新型コロナウイルス感染症の影響が続く中、両国関係者のご尽力により、本大会が途切れることなく開催されますこと、大変うれしく思います。今回、残念ながら日本チームの参加は叶いませんが、ベトナム選手たちの情熱あふれるプレーがベトナム・日本両国に元気を届けてくれることでしょう。
菅総理が総理大臣就任後初めての外国訪問先としてベトナムを訪れるなど、両国は最良の時を迎えています。本大会で築いた友情と信頼が未来に向かって受け継がれ、日越関係の更なる深化と両国サッカー界の発展につながっていくことを心から期待いたします。

author
山田滝雄氏 
大会名誉顧問(駐ベトナム社会主義共和国日本国特命全権大使)

+-大会名誉会長(ベカメックスIDC会長)

Covid-19の影響を乗り越えて、ビンズン新都市にて第3回の大会開催を実現させて実行委員会の方々にお礼申し上げます。本大会の継続は、ベトナムと日本との関係と、ベカメックスIDCと東急グループはじめ、日越企業の強い友情の絆を示していると思います。ベカメックスIDCは、本大会を通じて、困難を乗り越える精神を拡散し、ベトナムの若き選手たちに「チャンスがある」ことを伝えたいと思います。参加する8チームの選手たちが切磋琢磨して、全力で本大会に挑むことを願います。

author
グエン・ヴァン・ホン氏
大会名誉会長(ベカメックスIDC会長)

+-U-13実行委員会会長(株式会社川崎フロンターレ代表取締役社長)

第3回「ベトナム日本国際ユースカップU-13」開催にあたり、多くの企業・団体の皆さまからのご支援、厚く御礼申し上げます。
2020年初頭、世界は新型コロナウイルスの影響により、日常生活が脅かされる大変困難な状況を経験いたしました。その新型コロナウイルスをいち早く終息させたここベトナムにおいて、継続して大会を開催できることを大変嬉しく思っております。
本年はコロナ禍により日本チームの参加が叶わないなど、これまでとは異なる形での開催とはなりますが、サッカーを愛するベトナムの多くの若者と、それを支える皆さまにとって意義ある大会になるよう、そして越日交流の取り組みを紡いでいけるよう、大会運営に全力を尽くす所存です。出場する選手たちへのご声援、よろしくお願いいたします。

author
藁科義弘氏
U-13実行委員会会長(株式会社川崎フロンターレ代表取締役社長)

+-U-13実行委員会副会長(ベカメックスビンズンFC会長)

第3回の大会開催に向けて、我々はベトナム保険省とその他の関連省庁と連携し、安全対策を徹底的に行ってまいりました。ビンズン市人民委員会をはじめ、ベカメックスIDCの役員の方々、保険省、ベトナムサッカー連盟、ビンズン省サッカー連合会の理解と協力に感謝を意を示したいと思います。 今年度の大会は、ベトナムを代表するU-13の選手たちが集まります。素晴らしい試合が繰り広げられるでしょう。ベトナムサッカーを担う次世代の選手を発掘する機会としても期待しています。

author
ホー・ホン・タック氏
U-13実行委員会副会長(ベカメックスビンズンFC会長)

NEWS

タイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトル

2020年1月1日

タイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトル

2020年1月1日

タイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトル

2020年1月1日

タイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトル

2020年1月1日

タイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトル

2020年1月1日